今国会で選挙権年齢を現在の20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が成立しました。来年の参議院選挙から、全国で約240万人と言われる新たな有権者が誕生します。 一方で、前回衆院選や参院選、統一地方選挙において、軒並み「戦後最低投票率」が更新されています。これは日本という国家における、民主主義のひとつの危機だ、と言ってしまうと大げさな感じがしてしまうかもしれませんが、それだけ今、国民にとって選挙や政治は「オモシロクない」ものになっているということ。 国民の政治不信を解消し、参政意識を高めるために何が必要なのか。私たちの導き出した答えは、選挙をもっとわかりやすく、ワクワクするものへと変えていくこと。つまり「選挙をオモシロク」すること。

 

私たちは、日本一の選挙・政治家データベースサイトである「ザ選挙」を引き継ぎ、「選挙ドットコム」というメディア事業を通して、選挙・政治分野におけるITソリューションとモバイルソリューションの活用を促進し、有権者と政治家のコミュニケーションを活発化させ、政治不信の打破と参政意識の向上に取り組んで参ります。

お知らせ

2017/06/20

産経ニュース様の都議選2017の特設サイトへTwitterの分析データを提供しました

 

Twitterの投稿内容をポジティブやネガティブの傾向をグラフで表示しています。

下記に関する内容ですので、ご確認ください

・豊洲問題

・小池都政

・都民ファースト

・東京五輪

・受動喫煙

 

産経新聞様の該当Webサイト

http://www.sankei.com/main/topics/main-33412-t.html

 

選挙ドットコム

http://tokyo.go2senkyo.com/data/

 

 


2017/05/23

東京都議会議員選挙の特設サイトをオープンしました

 

全選挙区の解説や、候補者情報(告示前は予定者)を掲載致します。

 


お取引様各位

2017/04/13

東京都議会議員選挙の第2回電話調査レポートを配信しました。

 

3月にご好評いただいた電話調査レポートですが、今回第2回目の調査結果を配信致しました。

今回の電話世論調査では小池百合子東京都知事(小池知事)への支持・不支持や築地市場の豊洲への移転の賛否、さらには都議選での支持政党に対する態度を質問し、選挙ドットコムが保有する選挙データ(2005年以降の都議選における各候補の得票数・都知事選における各候補の得票数・参院選での各党の得票数・基礎自治体の会派別得票数など)や独自の取材活動で得られた情報を加味し、分析を行いました。 

 

http://go2senkyo.com/articles/2017/04/13/28925.html

 

-------------------------------------

2017/03/17

選挙ドットコムは電話世論調査事業開始いたします。

 

電話世論調査では電話調査の方法は信頼性の高いRDD(乱数番号自動生成)方式を使用し、候補者への支持や支持政党な

どを、有権者から回答を得ます。その電話調査データに選挙ドットコムが保有している過去の選挙データでの各候補の

得票数などを加味し、議席予想・基礎票の算出を行いレポートにまとめました。

 

まずは2017年7月に行われる東京都議会議員選挙向けのサービス提供を開始しております。

すでに複数人の候補者からのご依頼もあり、ご活用いただいております。

 

東京都議選 分析レポート

・42選挙区の国政政党の支持率、小池知事の支持率、都議会各会派の支持率

・都議選での投票意向2万サンプルの過去最大の電話調査(信頼高いRDD方式)年代・性別ごとのクロス集計あり

・基礎票の算出選挙ドットコムが保有する過去の選挙結果や投票率や有権者数から独自のデータ分析!

 

サンプルのご提示も可能ですのでぜひお問合せください

 
   

  • 2017/03/17 選挙ドットコムは電話世論調査事業開始いたします。
  • 2016/10/01 Gunosy、ニュースパスへ記事の提供開始
  • 2016/05/26 Yahoo!みんなの政治に選挙ドットコムが政治情報を提供開始
  • 2016/01/01 2016年(平成28年)年頭のご挨拶
  • 2015/10/19 日本経済新聞社・インフォグラフィックコンテンツ ディスカバリーにデータ提供・分析協力しました
  • 2015/10/05 アゴラに記事を提供開始
  • 2015/08/26 THE HUFFINGTON POSTに記事の供給を開始
  • 2015/08/24 BLOGOSに記事供給を開始
  • 2015/07/30 選挙ドットコム株式会社 設立記念レセプションパーティーを開催
  • 2015/07/23 スマートニュース株式会社に記事供給を開始
  • 2015/07/08 運営会社『選挙ドットコム株式会社』の設立にあたって 記事を公開いたしました! 
  • 2015/07/08 ザ選挙を事業継承の上、”選挙ドットコム”として名称変更し運営を開始いたしました。
  • 2015/07/08 新会社 選挙ドットコム株式会社を設立しました。

選挙ドットコムについて


2006年に開設された日本最大の選挙情報サイト「ザ選挙」が収集してきた選挙・政治家データベースを引き継ぎ、さらに拡充していきます。

 
日本最大級の選挙メディア「選挙ドットコム(旧ザ選挙)」http://go2senkyo.com/

「選挙ドットコム」のコンテンツを充実し、サービスを拡張していくことで、これまで選挙や政治に関心のなかった有権者と政治家をつなぎ、政治不信の打破と参政意識の向上に全力で取り組んで参ります。