• 選挙ドットコム株式会社

    設立日:2017年7月8日

    代表者:代表取締役 高畑卓

    所在地:東京都千代田区麹町3-7-9 4F

    TEL:03-3237-3361

     

    事業内容についてはこちら

    お問い合わせはこちらから

    2016年6月、選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が成立しました。その直後の参議院選挙では、全国で約240万人と言われる新たな有権者が誕生し、総務省・自治体選管・政党や候補者が若年層への主権者教育をキャンペーン化し盛り上げたことは記憶に新しいですが、1年を経過した今、その活動は継続しているのでしょうか?

     

    選挙は毎週のように日本各地で行われておりますが、軒並み「最低投票率」が更新されていくのも事実。これは日本という国家における、民主主義のひとつの危機だ、と言ってしまうと大げさな感じがしてしまうかもしれませんが、それだけ今、国民にとって選挙や政治は「オモシロクない」ものになっているということ。 国民の政治不信を解消し、参政意識を高めるために何が必要なのか。私たちの導き出した答えは、選挙をもっとわかりやすく、ワクワクするものへと変えていくこと。つまり「選挙をオモシロク」すること。

     

    私たちは、日本一の選挙・政治家データベースサイトである「ザ選挙」を引き継ぎ、「選挙ドットコム」というメディア事業を通して、選挙・政治分野におけるITソリューションの活用を促進し、有権者と政治家のコミュニケーションを活発化させ、政治不信の打破と参政意識の向上に取り組んで参ります。

    当社は時差ビズに参加しています

    フレックスタイム制やテレワーク制度を導入し、時差ビズの推奨・参加をしています

  • go2senkyo.com 編集ポリシー

    私たちは次のポリシーに基づき、選挙ドットコム( go2senkyo.com )の運営にあたります。

    ➢ 自由と責任

    政治、選挙をどこよりも面白く、インターネットメディアらしい大胆かつ柔軟性のある報道や論評を心がけます。同時に、公共性のある分野を取り扱う社会的責任を忘れず、公職選挙法等で定める選挙報道の関連法規を遵守します。

    ➢ 政治的公平・公正

    個々のコンテンツにおいて、特定の政党や政治団体、候補者等の主義主張を掲載する場合であっても、サイト全体としては、政治的公平・公正を旨とする運用を行い、意見の対立する問題についてはできるだけ多様な論点を提示するように努めます。

    ➢ 事実確認

    政党・政治団体・候補者からの公式発表、インタビュー取材や専門家による調査、学術書やニュース機関など、確実性があると認められたものを掲載します。掲載情報に誤りがあった場合は速やかに対応し、修正が行われたことが分かるように明記し、誤った情報が掲載・拡散されないよう努めます。

    ➢ 経営と編集の分離

    選挙ドットコム株式会社経営陣、事業部門社員、および関連会社社員は、編集の独立を尊重し、編集部に対して取引先との利害関係に基づく記事や論評に対する介入は行わないものとします。

    ➢ 透明性の確保

    経営に重大な影響がある事態が生じる恐れ、あるいは生じた場合に経営陣が例外的に編集部に介入する場合には、そのプロセスを必ず記録に残し、顧問弁護士および、ジャーナリストなど社外の有識者に意見を求めるなど、透明性を確保します。

    ➢ 広告の適正な運用

    また、広告コンテンツと編集コンテンツの区別を明示し、業界団体の推奨規定も参考にしながら、不当な広告行為に加担せず、ユーザーの利益を守ります。

  • ソーシャルメディア運営ガイドライン

    私たちが所有するソーシャルメディア公式アカウントの運営をするにあたり下記のガイドラインを定め、遵守します。

    ➢ 基本ポリシー

    当社は、ソーシャルメディアを活用するにあたり、法令を遵守し、良識ある社会人として健全な社会常識に基づいた言動をとるよう常に自らを律し、お客さまをはじめステークホルダーとのコミュニケーションにのぞみます。

    ➢ ソーシャルメディア参加の目的

    当社は、ソーシャルメディアを通じて、お客さまに信頼される企業となることを目指します。

    各ソーシャルメディアの規定を守り、コミュニティの文化及びマナーを尊重します。

    ➢ ソーシャルメディア アカウント

    ➢ 運営に関して

    当社は、ソーシャルメディア公式アカウントを情報発信の場として活用させていただきます。ソーシャルメディア公式アカウントに対する投稿に対して、そのすべてに返信するわけではなく、コメントに対しての返信はお約束いたしかねます。

    また、下記に該当するユーザーコンテンツを投稿しないことを利用者の皆さまに期待すると同時に、必要に応じて該当するユーザーコンテンツを削除します。ご了承ください。

     

    ・当社運営のfacebookページに関係しない情報

    ・誹謗中傷や第三者の権利を侵害する情報

    ・違法な情報や猥褻な内容を含む情報

    ・署名や法律上の表示が削除された情報

    ・作成者名が偽装された情報

    ・その他、当社facebookページの運営にあたり選挙ドットコムが不適切と判断した情報

    ➢ ソーシャルメディア公式アカウントにおける免責事項

    当社のソーシャルメディア公式アカウントにおいては、次に定める事項について一切の責任を負わないものとします。

     

    ・ユーザーがソーシャルメディア公式アカウントを利用、もしくは利用することができなかったことによって生じるいかなる損害

    ・ユーザーにより投稿(コメント・写真・動画等)されたコンテンツに基づきトラブル等が発生した場合

    ・ソーシャルメディア公式アカウントに関連して、ユーザー間又はユーザーと第三者間でトラブル等が発生した場合

    ・なお、ソーシャルメディア公式アカウントは各ソーシャルメディアによって運用されております。各ソーシャルメディアの運用状況に関しては一切お答えすることができません。

    また、各ソーシャルメディアのウェブサイト、第三者から提供されているソフトウェアやアプリの機能、ご利用方法、技術的なご質問などに関しても一切お答えすることができません。

    ➢ 当ガイドラインの変更について

    当ガイドラインは予告なく、変更、改訂をすることがあります。